エントリー

カテゴリー「GTアタック」の検索結果は以下のとおりです。

トカラ釣行記堤防GT編3

トカラ堤防GT

 

 

してある日の深夜、僕はトビウオ掬いの集魚灯の横に立ちライトが点灯するのを待っていた。トビウオは居るが捕食者の数が少なくおまけに活性が低い。このライトが点灯するタイミングは瞬間的に魚の活性があがる。良いのは明暗付近。ライトが点灯すると僕は暗がりにキャストし表層を連続したトゥイッチで誘っていると明暗の境目で何かがバイトした。それほど引かない。僕はギンガメだと思った。でもギンガメにしては重すぎる。そして手元に伝わるブルブル感。これ間違いなくイソンボ。かなり強めに設定したドラグを引き出せず水面でのたうち回りながら足元まで寄ってくるイソンボ。そしてランディング 

 

20190718121801.jpg

 

 

20190718121335.jpg

 

 

20190718121451.jpg

 

 

20190718121714.jpg

 

20190718121952.jpg

 

 

計ってみると24キロあった。島民の方が魚をキープするよう言われていたので持ち帰り業務用のストッカーに入れた。 

翌日は島民の方々と釣ったイソンボでバーベキューをした。皆さんと一緒に酒を飲みながらワイワイ楽しく過ごした。 

 

 

堤防GT使用タックル 

ロッド ショアマニアテクニカルゲームロッド11Ⅿプラッキング 

 

リール ソルティガ7000H DF 又はソルティガZ5000 

 

スプール ソルティガDF 又は 6000GTスプール  

 

ラジエーションドラグノブ 

 

メインライン PE8~12号 

 

スペーサーPE15~20号 

 

リーダーナイロン80号1ヒロ 

 

ルアー  

ショアマニア 

ダイビングペンシルbig、bigポッパー,スリムポッパー、 

       シンキングペンシル 

           サイズ   170~230ミリ 

マングローブスタジオ 

ストライクプロマグナムミノー、ベベルスイマー 

           サイズ   200ミリ  

 

 

トカラ釣行記堤防GT編2

 

その後また数日魚からの反応がなく時間だけがゆっくりと過ぎて行った。そんな中でもリーフに釣りに行ってみたり島の方の手伝いをさせて頂いたりしながら楽しく過ごしていた。中でも僕はトカラの温泉が好きだ。決して綺麗ではないけどこの味のある温泉に日頃の事も忘れて浸かり島の方と話しをしてみたり。 

 

 

20190718121334.jpg

 

 

20190718121450.jpg

 

 

20190718121608.jpg

 

 

20190718122055.jpg

 

 

20190718122148.jpg

 

 

20190718121610.jpg

 

 

20190718121412.jpg

 

 

20190718121954.jpg

 

 

20190718121953.jpg

 

 

 

 

 

そしてこんな嬉しい事もあった。島で仲良くなった方の誕生パーティーに僕も呼んで頂いた。なんと会場は夜の堤防の上。皆でお祝いすることが出来本当に嬉しかった。こんなにも楽しい時間をありがとうございました。 

 

20190718122247.jpg

 

 

20190718122248.jpg

 

 

20190718122249.jpg

 

 

 

堤防GT使用タックル 

ロッド ショアマニアテクニカルゲームロッド11Ⅿプラッキング 

 

リール ソルティガ7000H DF 又はソルティガZ5000 

 

スプール ソルティガDF 又は 6000GTスプール  

 

ラジエーションドラグノブ 

 

メインライン PE8~12号 

 

スペーサーPE15~20号 

 

リーダーナイロン80号1ヒロ 

 

ルアー  

ショアマニア 

ダイビングペンシルbig、bigポッパー,スリムポッパー、 

       シンキングペンシル 

           サイズ   170~230ミリ 

マングローブスタジオ 

ストライクプロマグナムミノー、ベベルスイマー 

           サイズ   200ミリ  

 

 

トカラ釣行記堤防GT編1

トカラ堤防GT

 

僕は電車とバスを乗り継ぎ成田空港に到着した。僕は久しぶりにトカラ調査のため鹿児島に向かう。道中はトカラに行けるワクワクとまた故郷に久しぶりに帰る喜びを感じていた。飛行機に乗り込みいよいよ離陸開始。その時すでに僕の心はもう鹿児島にあった。 

 無事鹿児島空港に着くと僕は故郷の空気を胸いっぱいに吸い込んだ。帰ってきたんだ。鹿児島に。それから数日家族や友人と過ごし月曜出しのフェリー十島に乗った。新船になってからは初めての乗船で少し緊張していた。 

するとトカラで一緒に釣りをした仲間から声を掛けられた。久しぶりに会う友人達と酒を飲みながら話をし夜は更けていった。いよいよ出港の時。汽笛の合図と共に十島は出港した。フェリーの中は綺麗で快適そのものだった。僕は毛布を被り期待に胸膨らませながら眠りについた。いつもなら興奮してあまり眠れないが今日は直ぐに眠れた。 

朝になると目的の島に到着し僕はレンタルした原付にまたがり船を降りた。久しぶりにトカラに帰ってきた。島民の方に挨拶を済ませ宿に荷物を置きにいった。 

僕は夜になるまでゆっくりと過ごしタックルを準備したり温泉に入ったりしてゆっくりと流れる時間を楽しんだ。 

夜になりタックルを原付に積み込みに向かった。堤防に着くとまだ薄暗くトビウオが跳ねるのを確認することが出来た。これは期待出来そう。トビウオの跳ねるのを注意深く見てポッパーをキャストするとイソマグロがポッパーにジャンプバイト。きつめに設定していたドラグは出ることなく魚は足元まできた。そしてランディングツールを持った瞬間突っ込まれフックオフ。おそらく15~20キロ程の魚だろう。 

その後暗くなってからしばらくはポッパーでギンガメを釣ったくらいで魚からの反応は無くトビウオはいるが魚の活性が低い。僕はリアクションで食わせるしかないと思った。夜が深まるにつれて横風が強くなってきて僕は高い足場にいたためベベルスイマーに付け替え中層付近まで沈めて速いジャークで表層まで誘い上げまた沈め誘い上げることを繰り返していた。するとルアーが表層にきた瞬間夜光虫の閃光のように光るとロッドに衝撃が伝わる。すかさずロッドを立てるとドラグが5メートル程出された。走りが止まるとポンピングで寄せにかかる。グングンと時折首をふるのが伝わる。GTである事を確信し慎重に足元まで寄せる。そして周りの方のサポートして頂きなんとかランディング成功。サイズの割に良く走る元気な魚だった。

 

 

 

20190718121300.jpg

 

 

20190718121411.jpg

 

 

 

20190718121410.jpg

 

 

 

 

 

20190718121452.jpg

 

 

その後数日トビウオは居るが当りのない日が続いた。そんなある日の夜僕は竿を出す場所を変えた。そこで魚を掛けたら絶対走らせられない場所。午後8時頃から釣りを開始し、しばらくこれといって何もなく日付を跨ぐがどうかのタイミングで堤防の角付近でド派手な捕食音がなり響いた。僕は大型のGTである事を直ぐに理解した。直ぐにシンペンをキャストしジャークし誘うとゴンとミスバイト。そしてもう一度食いそこね足元で巨大な夜光虫の光が僕のルアーに襲い掛かった。すると体ごと引き込まれそうになるのを堪える。絶対に行かせない。一進一退の攻防が続いた。そして僕は後ろに吹き飛んだ。ラインが切れてしまった。本当に悔しかった。僕はPE10号を使った事を悔やんだ。12号にしとけば取れたかもしれない。悔やんでも遅い。次への糧になった。なんで切られたのか、どうすれば良かったかを考える。このトライ&エラーがこの釣りの醍醐味だ。

 

 

 

 

使用タックル 

ロッド ショアマニアテクニカルゲームロッド11Ⅿプラッキング 

 

リール ソルティガ7000H DF 又はソルティガZ5000 

 

スプール ソルティガDF 又は 6000GTスプール  

 

ラジエーションドラグノブ 

 

メインライン PE8~12号 

 

スペーサーPE15~20号 

 

リーダーナイロン80号1ヒロ 

 

ルアー  

ショアマニア ダイビングペンシルbig、bigポッパー,

       スリムポッパー、シンキングペンシル 

           サイズ   170~230ミリ 

マングローブスタジオ 

ストライクプロマグナムミノー、ベベルスイマー 

           サイズ   200ミリ  

 

 

 

堤防はこんな感じです。対岸にも堤防があります。

 

 

 

20190718122053.jpg

 

 

20190718122054.jpg

 

パラオ釣行記パラオの釣り事情編

 

 

フィッシングパーミット 

パラオで釣りするにあたってフィッシングパーミットが必要となります。このフィッシングパーミットは各州によって金額と有効期限が異なり、またパラオではサメを保護しておりキャッチ&リリースが義務づけられています。 

 

パラオの釣具事情 

パラオの釣具店はコロールの方に数軒あります。その中でも一番分かりやすい所はwctcというスーパーの前のショッピングモールの二階になります。品揃えの方はあまり良くなく値段も割高です。パラオで釣りされる場合は日本で準備されることをお勧めします。 

また、物価の方は日本より少し高いです。 

パラオ本土のナイトゲーム 

夜の堤防からのライトゲーム、GTなどの大型魚のキャスティング調査をおこないました。その中で分かった事は夜、常夜灯にメアジなどのベイトフィッシュが集まり、それを追いフィッシュイーターが集まります。常夜灯下には沢山のメアジがおりアジングで数釣りが楽しめ、メアジのサイズは20~30センチ程と大きく外道にギンガメアジなどの外道も混ざります。また入れ食いになることも少なくありません。そしてポッパーやシンペン、メタルジグなどを用いてGT、ギンガメ、カスミなど(最大10キロまで)の魚を狙うことが可能です。私自身も10キロ程のGT、カスミ、ギンガメなどを多数キャッチしております。初心者の方も手軽に楽しんでいただけるかと思います。 

 

20190712151754.jpg

 

 

20190712151755.JPG

 

 

20190712151756.JPG

 

 

20190712155744.JPG

 

 

20190712151758.JPG

 

 

20190712155746.JPG

 

 

20190712155747.JPG

 

 

 

20190712155748.JPG

 

 

20190712155749.JPG

 

アンガウル島 

アンガウル島はコロール島からボートで2時間程かかりペリリュー島の南西10キロに位置する小さな島です。コロール島から遠く魚がスレておらずGTや回遊魚の魚影が濃いエリアとなります。 

 

ペリリュー島 

ペリリュー島はコロール島からボートで1時間程かかりアンガウル島の北東に位置していおりGTや回遊魚の魚影が濃エリアになります。またダイビングスポットとしても有名です。 

 

パラオ釣行記オフショアフィッシング編

パラオGTキャスティング

 

 

三浦さんエリックさんとオフショアGT 

 プラグイン三浦船長とエリック船長にオフショアGTに連れて行ってもらいました。両船長は気さくでパラオの海をしり尽くしており、さらに2人は仲が良い。今日は3時間程しかないので近場。ボートに乗り込みポイントを目指す。最初のポイントに着くと早速キャスト開始。すると直ぐに沢山の魚がチェイスしヨコシマサワラが乗った。そして船べりまで寄せるとフックオフ。船長2人にバラシは20ドル払ってもらわないと~と冷やかされ船内は和やかなムード。ポイントをテンポ良く叩いていく。ポイントの見切りも早く、釣れるタイミングや状況などかなりシビアに研究されていると分かった。中々GTからのコンタクトが無く諦めかけていた時僕のペンシルに出た。バイトの瞬間は見えなかったがロッドに重みが乗る。ロッドを起こしショートポンピングで寄せる。すると時折首を振るのが伝わる。魚が足元により銀色の平たい魚体が浮かび上がる。そしてネットでランディングして頂き無事キャッチ。写真をとって頂きリリース。その後アタリなく終了。三浦さん、エリックさん本当にありがとうございました。 

 

 

20190718115625.jpeg

 

 

 パラオキハダキャスティング

 

エリック船長とキハダ釣り 

エリック船長から最近、カツオ、キハダのナブラが凄いと連絡があった。そして風が収まる日を待ってエリックさんとエリックさんの弟とエリックさんの親戚のマンダリンさんと僕の4人でキャスティングに行った。 

ポイントに到着すると辺りは小さな鳥山があるが青物は着いていない。 

マンダリンさんがビンロウジュという木の実に石灰、葉っぱ、タバコを挟み噛むよう勧めてくれた。これはパラオの一般的な嗜好品で町などで噛んでいるのを 

よく見かける。僕は試してみることにした。 

そしてしばらく噛んでいると間違ってビンロウジュの汁を飲んでしまった。すると急に気持ちが悪くなり吐き気に襲われた。このビンロウジュの汁は飲むとお腹に良くないらしく水を大量に飲み全て吐き出した。その後は気持ちが悪く船で横になっていた。 

 2時間程横になり回復したので釣り再開。すると大きな鳥山を発見。エリックさんが鳥山の進行方向を読みながら全速力で船を走らせる。そしてキャスト開始。本ガツオ、スマガツオ、キメジが入れ食い。船中はお祭り状態。そんな感じで夕方までナブラを見つける度に入れ食いになりそれが日没まで続いた。何匹釣ったか分からないくらいだ。皆ではしゃいで本当に楽しかった。 

エリック船長、楽しい時間をありがとうございました。 

 

 

パラオ釣行記ナイトリーフGT編

パラオ ナイトリーフGT

 

 

僕はエリックさんに連れられ夜の堤防にきた。僕はGT狙い、エリックさんはアジング。パラオに来て初めての釣り、僕は期待に胸膨らませていた。 

そこは常夜灯があり海峡になっている場所。辺りは中型魚の補色音があちらこちらで聞こえる。僕はポッパーをセットしキャストした。こんだけボイルしてたら直ぐ反応がありそうだが中々当たらない。ベイトが多すぎる。 

するとエリックさんが堤防の先のリーフに立ちこむことを進めてくれた。僕はリーフに立ちこんだ。その場所は5メートル程先にドロップがありさらに沖にはそこだけポツンとリーフがあった。いかにもという感じ。 

そしてポッパーをなげていると足元まで何かがチェイスしてきた。そしてピックアップ寸前にGTがバイト。GTと目があった。それは残念ながらミスバイトに終わった。 

そして僕は沖にあるリーフに向けてポッパーを投げ続けた。するとロッドに衝撃が伝わった。僕はリーフでのブレイクを警戒して全力でポンピングした。すると魚足元へ。もし浮かせ切れなかったらドロップの前にでる事も考えていた。しかしその必要はなさそうだ。魚の正体はGTだった。僕は何とも言えない高揚感を感じた。これがパラオのGT。初めて海外で釣ったGT。干上がったリーフに運び写真をとってもらいリリースした。 

 

20190712151754.jpg

 

 

僕はエリックさんにお礼を言った。その後は、ギンガメのミスバイトが数回ありその夜の釣りを終えた。 

その後僕はしょっちゅうこの場所に通いギンガメやカスミを釣ることになる。

 

 

用タックル 

ロッド ショアマニアテクニカルゲームロッド11Ⅿプラッキング 

 

リール ソルティガ7000H DF 又はソルティガZ6000GT 

 

メインライン PE8~10号 

 

スペーサーPE15~20号 

 

リーダーナイロン80号4ヒロ 

 

ルアー  

ショアマニア 

ダイビングペンシルbig、bigポッパー,スリムポッパー 

           サイズ   170~230ミリ 

マングローブスタジオ

 ストライクプロマグナムミノー、ベベルスイマー 

           サイズ   200ミリ  

 

 

 

 

パラオ釣行記ペリリュー島ロックショアGT編3

パラオペリリュー島ロックショアGT

 

 

そして眠りに就くとすぐに2時になった。僕は重い体を起こし自転車にまたがった。泣いても笑ってもこれがパラオ最後。僕はこの長い長い道のりを楽しみながらはしった。 

そしてリーフを渡り島に上陸した。まず波が来ることが無い高くて足場を探し最低限の安全を確保する。 

それからしばらく海の様子を見てからタックルを組んだ。ポッパーをセットし昼間よりポッピングとポッピングの間を長くし誘っていく。この暗闇の中の緊張感は相変わらず凄い。僕はギンガメでも来ないかなと思いながらポッパーを動かしていた。 

するとバシャンと音がするとロッドに衝撃が伝わり僕は竿を立てた。ギンガメにしては重すぎる。でもGTでもない。魚は海面で暴れていた。もしかして10キロちょいくらいのイソンボか?僕はショートポンプで一気に寄せた。ライトで照らすと灰色の魚体が浮かび上がった。サメかよ。僕はランディングしリリースした。 

それから他の魚が掛かることを期待したがヒットするのはサメばかり。そして夜明けを迎えた。もうサメは来ないだろうと期待しポッパーを投げるとサメ。こうしてパラオ最後の魚はサメになった。これはこれで自分らしくて良いじゃないと素直に思えた 

僕は自転車にまたがり家路についた。いつもより鳥の声がはっきり聞こえた。そして僕は商店でジュースを買い荷物をまとめた。飛行機の時間は11時45分。2時間程余裕があったので散歩に出かけた。 

家に帰るとパラオ人のおじさんがもう飛行機もう出たと言った。僕は青ざめた。日本に帰れない。航空会社から何の連絡も無かった。あんまりだろ。 

僕らはパブリックボートのスケジュールを確認しに行った。すると船は無かった。もうダメだと思った。 

すると今からプライベートボートでコロールに行くパラオ人にあった。僕は藁にも縋る思いでボートに乗せてくれないかと頼んだ。すると心配するな、送っていくと答えてくれた。僕は何度も何度もお礼を言いボートに乗り込んだ。 

ボートは海を切り裂くように進んだ。息をするのもきついくらいのスピードで。時折雨に打たれながらコロール島に到着した。送ってくれたパラオ人にお礼を言い僕のパラオでの生活は終わった。 

僕をサポートしてくれたパラオで出会った方々へ「お世話になりました。本当にありがとうございました。またパラオに行きます。」 

 

 

20190717000034.JPG

 

 

使用タックル 

ロッド ショアマニアテクニカルゲームロッド11Ⅿプラッキング 

 

リール ソルティガ7000H DF  

    ソルティ6000GTスプール 

 

メインライン PE8~10 

 

スペーサーPE15~20号 

 

リーダーナイロン80号4ヒロ 

 

ルアー  

ショアマニア 

ダイビングペンシルbig、bigポッパー,スリムポッパー 

           サイズ   170~230ミリ 

マングローブスタジオ 

ストライクプロマグナムミノー、ベベルスイマー 

           サイズ   200ミリ  

 

 

パラオ釣行記ペリリュー島ロックショアGT編2

パラオペリリュー島ロックショアGT

 

2日目は早起きが出来ず10時からのスタート。

 

20190717000121.JPG

 

 

前日GTが出た磯に渡りたいが潮位が高い。仕方なく最初に訪れた磯に向かう。 

ポッパーで広く探るも反応が得られずミノーで瀬際を探ると足元でバラフエがミノーに襲い掛かった。しかし一瞬乗っただけですぐにフックオフ。 

その後,昨日の島に向かった。今日こそはと意気込みポッパーを投げるもGTからのコンタクトは無い。広い磯の上をルアーをローテーションさせながら撃ち進んでいく。ミノーを瀬際にキャストし巻いてくるとバラフエの群れがチェイスしその中の1匹がバイト。強引に寄せ抜き上げた。綺麗なバラフエ。写真を撮り直ぐにリリース。 

 

20190716235148.jpg

 

また磯を歩きながら撃っていく。時折カスミのチェイスはあるがバイトまで持ち込めない。 

ミノーを高速引きしているとGTがゆらーとチェイスしてきた。活性は良くないみたい。歩きながら釣りしていると沖の潮目までルアーが届く所まできた。潮目の先にポッパーを投げポッピングしていると水面が割れた。寄せてみるとこれも綺麗なバラフエ。今日はバラフエが良く当たる。

 

20190716235150.jpg

 

またポッピングで誘っていると潮目の中で水面が爆発した。GTだ。僕は構え直しロッドに衝撃が伝わった。きつめに設定したドラグがギリギリ出ないくらい。 

GTが死ぬ気で走ろうとしているのが分かる。GTが首を振った。するとフッとテンションが抜けた。せっかくのチャンスをものに出来なかった。まだ夕マズメは終わっていない。 また当たるはずだ。 

気持ちを切り替えポッパーをキャストする。するとポッパーに何か出たが乗らずしつように激しくバイトしてくる。ついに乗った。引き的にヒラアジ系ではない。寄せてみるとコンディションの良いバラフエ。

 

20190716235149.jpg

 

 

 

直ぐにリリースしキャストを再開する。するとポッパーに水しぶきが上がった。これはGTかと期待するも最初だけ少し抵抗しすんなりと瀬際によった。やっぱりサメだった。サメが居るということはベイトがいるはず。プラスに考えキャストを再開するとサメ祭りになった。サイズは1.3~2メートルくらい。サメを10本くらい釣った。デカイサメのランディングは相変わらず大変でフックを外すのも一苦労。しかもパラオはキャッチ&リリース。サメの方々には丁重に海に帰って頂いた。ルアーもかなり失ってしまった。 

辺りが暗くなり家路についた。今日の帰り道は重くとても長く感じた。 

そしてやっとの思いで町に戻り商店でジュースを買いン流し込むように飲んだ。本当にうまかった。 

 

20190717000307.JPG

 

 

それから家に着くとシャワーを浴びまたラーメンをすすった。目覚ましを2時過ぎにセットし明日は夜も投げる事にした。 

 

 

使用タックル 

ロッド ショアマニアテクニカルゲームロッド11Ⅿプラッキング 

 

リール ソルティガ7000H DF  

    ソルティ6000GTスプール 

 

メインライン PE8~10 

 

スペーサーPE15~20号 

 

リーダーナイロン80号4ヒロ 

 

ルアー  

ショアマニア 

 

ダイビングペンシルbig、bigポッパー,スリムポッパー 

           サイズ   170~230ミリ 

マングローブスタジオ 

 

ストライクプロマグナムミノー、ベベルスイマー 

           サイズ   200ミリ  

 

 

パラオ釣行記ペリリュー島ロックショアGT編1

パラオ ペリリュー島ロックショアGT

 

 

僕は帰国の日が着々と近づいている事を感じながらも釣りに行けない日々が続いていた。それからゴールデンウィーク開け急遽時間が取れることになった。正直言って十分なお金はないが迷わずペリリュー島へ調査に向かった。友人のパラオ人に滞在先を紹介してもらい寝る場所は何とか確保することができた。 

僕はパブリックボートが出る港へ向かった。そこはアンガウル島のパブリックボートが出る港と同じだった。

 

20190717000033.JPG

 

 

午後3時パブリックボートはゆっくりと出港した。期待に胸を膨らませながらもやはり不安が頭をよぎった。船に揺られながらこの2カ月半のパラオでの生活を思い出していた。残り数日で僕は日本に帰国する。僕は船上から流れゆく島々を目に焼き付けていた。 

船は自分が思っていたより遅い午後5時過ぎにペリリュー島に到着した。僕はおそるおそる船から降りるとパラオ人に話しかけられた。どうやらこの方が僕を泊めてくれるみたいだ。僕は肩をなでおろし車に荷物を積み込んだ。 

 

20190717000034.JPG

 

そしてフィッシングパーミット取得のためステイトオフィスに向かった。何とかパーミットを取得し滞在先に向かう。 

それから自転車を借り近所の商店で食料を買った。物価はパラオ本土より高かった。僕はラーメンを食べ目覚ましをセットし眠りについた。 

午前4時、眠い目をこすりながら体を起こし自転車にまたがった。静寂に包まれた暗い道をヘッドライトの灯りだけを頼りに釣り場へと向かう。目的の磯までは10キロ程と長く漕いでも漕いでも距離が縮まっている気がしない。そもそもこの道であっているのだろうか?そんな不安をかき消すようにペダルを強く漕いだ。 

1時間程走っていると目的の磯に到着した。空が白けだし僕ははやる気持ちを抑えながらタックルを組んだ。期待を込めポッパーをフルキャストした。目立たせるように派手なポッピングで探っていく。 

 

20190717000220.JPG

 

 

20190717000221.JPG

 

 

 

 

しかしルアーを色々ローテーションするも魚からの反応はなく朝マズメが終わった。 

その後ダイビングの船が入れ替わり立ち替わりに来て僕は釣りをせずただ海を眺めていた。2時間後ダイビング船はいなくなった。 

そして下げが動き出し沖の本流が磯際に接岸した。いかにもGTが出そうな雰囲気。僕は期待を込めルアーを投げるも魚からのコンタクトは無かった。 

本流は沖に離れ僕は場所を変える事にした。取りあえず潮が大分引いたからリーフでも歩こう。僕は自転車にまたがった。自転車を走らせていると朝見た小さな島が潮が引いて陸地と繋がっていた。僕は島に上がってみることにした。すると外側は磯になっておりドロップまでの距離も近い。 

 

 

20190717000123.JPG

 

 

 

僕はポッパーをセットしドッロプオフの先に投げポッピングで誘う。5投程投げたところでポッパーに何者かがバイトした。僕はよそ見しておりデカイカスミかなにかだとおもった。するともう一度GTが背中丸出しでバイトした。これもミスバイトだった。ちくしょう。 

またキャストするもGTからのコンタクトは無かった。 

それから磯を歩きながらルアーを投げるも魚からのコンタクトは無いがたまにGTが泳いでいる姿を確認できる。この日は魚からのコンタクトは無く1日を終えた。

 

 

 

 

 

 

 

使用タックル 

ロッド ショアマニアテクニカルゲームロッド11Ⅿプラッキング 

 

リール ソルティガ7000H DF  

    ソルティ6000GTスプール 

 

メインライン PE8~10 

 

スペーサーPE15~20号 

 

リーダーナイロン80号4ヒロ 

 

ルアー  

ショアマニア 

 

ダイビングペンシルbig、bigポッパー,スリムポッパー 

           サイズ 170~230ミリ 

マングローブスタジオ 

 

ストライクプロマグナムミノー、ベベルスイマー 

           サイズ 200ミリ  

 

 

パラオ釣行記アンガウル島ロックショアGT編3

パラオ アンガウル島ロックショアGT

 

 

一瞬足場を変えることが頭をよぎるもそっちの足場へはスリットがありいけない。メインラインが擦れる寸前。僕はとっさにベールを開けた。するとヤツは瀬際から少し離れた。僕は全力で寄せにかかる。頼む。浮いてくれ。魚は足元まできた。2度程突っ込んだがとうとう浮いた。ランディング場所は近くには無さそうだ。僕はGTを引っ張りながらランディング出来そうな所を探す。ランディング出来そうな所を見つけて身を乗り出しながらルアーを手で掴んで磯に引き上げた。そこには黒々としたGTが横たわっていた。20キロは普通に超えてる感じ。タイドプールにGTを入れ嬉しさが込み上げてきた。タイドプールの中で蘇生をこころみるも泳ぎ切らない。すまない。僕はキープすることをお母さんに電話した。すると直ぐにお母さんと島民の方が駆けつけてくれた。 

20190712234631.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190712132536.jpg

 

 

 

 

 

 

 いったん家に帰り休憩し昼食を取り2時前から自転車で磯に向かった。久しぶりの自転車でしんどいと思いながら内心心躍っていた。さすがに来ても他の魚だろうと思った。磯に着くと潮位が低く魚気はない。4時くらいまでルアーを替えながら投げるも反応がない。 

 何気なくポッパーをステイさせると何かがすっ飛んできた。寄せてみるとヒラアジ系でもなさそう。足元まで来るとアオチチビキ。これは良いお土産だと思ってるとスッとテンションが抜けてフックオフ。気を取り直して投げ続けるが魚からの反応は無い。 

上げが動き出し日暮れ前をむかえた。僕は残り数投と決めポッパーを投げた。すると水面が炸裂した。僕は構え直しファーストランに備えた。ドラグは出ない。最初に釣った魚と同じくらいだと思った。僕は一気にショートポンピングで寄せると銀色の平たい魚体が浮いた。そしてランディング。最初に釣ったGTより少し大きなGTだった。タイドプールに入れ写真を撮らせてもらいリリース。元気よく出でくれてありがとう。

 

 

20190712234710.jpg

 

 

 

 

20190712234743.jpg

 

 

 

 

僕は夕日を見ながら自転車を漕いだ。 

 

 

20190712234204.jpg

 

 

 

 

使用タックル 

ロッド ショアマニアテクニカルゲームロッド11Ⅿプラッキング 

 

リール ソルティガ7000H DF  

    ソルティ6000GTスプール 

 

メインライン PE8~10 

 

スペーサーPE15~20号 

 

リーダーナイロン80号4ヒロ 

 

ルアー  

ショアマニア ダイビングペンシルbig、bigポッパー,スリムポッパー 

           サイズ   170~230ミリ 

マングローブスタジオ ストライクプロマグナムミノー、ベベルスイマー 

           サイズ   200ミリ  

 

 

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像