エントリー

カテゴリー「トカラGTアタック」の検索結果は以下のとおりです。

トカラ釣行記堤防GT編3

トカラ堤防GT

 

 

してある日の深夜、僕はトビウオ掬いの集魚灯の横に立ちライトが点灯するのを待っていた。トビウオは居るが捕食者の数が少なくおまけに活性が低い。このライトが点灯するタイミングは瞬間的に魚の活性があがる。良いのは明暗付近。ライトが点灯すると僕は暗がりにキャストし表層を連続したトゥイッチで誘っていると明暗の境目で何かがバイトした。それほど引かない。僕はギンガメだと思った。でもギンガメにしては重すぎる。そして手元に伝わるブルブル感。これ間違いなくイソンボ。かなり強めに設定したドラグを引き出せず水面でのたうち回りながら足元まで寄ってくるイソンボ。そしてランディング 

 

20190718121801.jpg

 

 

20190718121335.jpg

 

 

20190718121451.jpg

 

 

20190718121714.jpg

 

20190718121952.jpg

 

 

計ってみると24キロあった。島民の方が魚をキープするよう言われていたので持ち帰り業務用のストッカーに入れた。 

翌日は島民の方々と釣ったイソンボでバーベキューをした。皆さんと一緒に酒を飲みながらワイワイ楽しく過ごした。 

 

 

堤防GT使用タックル 

ロッド ショアマニアテクニカルゲームロッド11Ⅿプラッキング 

 

リール ソルティガ7000H DF 又はソルティガZ5000 

 

スプール ソルティガDF 又は 6000GTスプール  

 

ラジエーションドラグノブ 

 

メインライン PE8~12号 

 

スペーサーPE15~20号 

 

リーダーナイロン80号1ヒロ 

 

ルアー  

ショアマニア 

ダイビングペンシルbig、bigポッパー,スリムポッパー、 

       シンキングペンシル 

           サイズ   170~230ミリ 

マングローブスタジオ 

ストライクプロマグナムミノー、ベベルスイマー 

           サイズ   200ミリ  

 

 

トカラ釣行記堤防GT編2

 

その後また数日魚からの反応がなく時間だけがゆっくりと過ぎて行った。そんな中でもリーフに釣りに行ってみたり島の方の手伝いをさせて頂いたりしながら楽しく過ごしていた。中でも僕はトカラの温泉が好きだ。決して綺麗ではないけどこの味のある温泉に日頃の事も忘れて浸かり島の方と話しをしてみたり。 

 

 

20190718121334.jpg

 

 

20190718121450.jpg

 

 

20190718121608.jpg

 

 

20190718122055.jpg

 

 

20190718122148.jpg

 

 

20190718121610.jpg

 

 

20190718121412.jpg

 

 

20190718121954.jpg

 

 

20190718121953.jpg

 

 

 

 

 

そしてこんな嬉しい事もあった。島で仲良くなった方の誕生パーティーに僕も呼んで頂いた。なんと会場は夜の堤防の上。皆でお祝いすることが出来本当に嬉しかった。こんなにも楽しい時間をありがとうございました。 

 

20190718122247.jpg

 

 

20190718122248.jpg

 

 

20190718122249.jpg

 

 

 

堤防GT使用タックル 

ロッド ショアマニアテクニカルゲームロッド11Ⅿプラッキング 

 

リール ソルティガ7000H DF 又はソルティガZ5000 

 

スプール ソルティガDF 又は 6000GTスプール  

 

ラジエーションドラグノブ 

 

メインライン PE8~12号 

 

スペーサーPE15~20号 

 

リーダーナイロン80号1ヒロ 

 

ルアー  

ショアマニア 

ダイビングペンシルbig、bigポッパー,スリムポッパー、 

       シンキングペンシル 

           サイズ   170~230ミリ 

マングローブスタジオ 

ストライクプロマグナムミノー、ベベルスイマー 

           サイズ   200ミリ  

 

 

トカラ釣行記堤防GT編1

トカラ堤防GT

 

僕は電車とバスを乗り継ぎ成田空港に到着した。僕は久しぶりにトカラ調査のため鹿児島に向かう。道中はトカラに行けるワクワクとまた故郷に久しぶりに帰る喜びを感じていた。飛行機に乗り込みいよいよ離陸開始。その時すでに僕の心はもう鹿児島にあった。 

 無事鹿児島空港に着くと僕は故郷の空気を胸いっぱいに吸い込んだ。帰ってきたんだ。鹿児島に。それから数日家族や友人と過ごし月曜出しのフェリー十島に乗った。新船になってからは初めての乗船で少し緊張していた。 

するとトカラで一緒に釣りをした仲間から声を掛けられた。久しぶりに会う友人達と酒を飲みながら話をし夜は更けていった。いよいよ出港の時。汽笛の合図と共に十島は出港した。フェリーの中は綺麗で快適そのものだった。僕は毛布を被り期待に胸膨らませながら眠りについた。いつもなら興奮してあまり眠れないが今日は直ぐに眠れた。 

朝になると目的の島に到着し僕はレンタルした原付にまたがり船を降りた。久しぶりにトカラに帰ってきた。島民の方に挨拶を済ませ宿に荷物を置きにいった。 

僕は夜になるまでゆっくりと過ごしタックルを準備したり温泉に入ったりしてゆっくりと流れる時間を楽しんだ。 

夜になりタックルを原付に積み込みに向かった。堤防に着くとまだ薄暗くトビウオが跳ねるのを確認することが出来た。これは期待出来そう。トビウオの跳ねるのを注意深く見てポッパーをキャストするとイソマグロがポッパーにジャンプバイト。きつめに設定していたドラグは出ることなく魚は足元まできた。そしてランディングツールを持った瞬間突っ込まれフックオフ。おそらく15~20キロ程の魚だろう。 

その後暗くなってからしばらくはポッパーでギンガメを釣ったくらいで魚からの反応は無くトビウオはいるが魚の活性が低い。僕はリアクションで食わせるしかないと思った。夜が深まるにつれて横風が強くなってきて僕は高い足場にいたためベベルスイマーに付け替え中層付近まで沈めて速いジャークで表層まで誘い上げまた沈め誘い上げることを繰り返していた。するとルアーが表層にきた瞬間夜光虫の閃光のように光るとロッドに衝撃が伝わる。すかさずロッドを立てるとドラグが5メートル程出された。走りが止まるとポンピングで寄せにかかる。グングンと時折首をふるのが伝わる。GTである事を確信し慎重に足元まで寄せる。そして周りの方のサポートして頂きなんとかランディング成功。サイズの割に良く走る元気な魚だった。

 

 

 

20190718121300.jpg

 

 

20190718121411.jpg

 

 

 

20190718121410.jpg

 

 

 

 

 

20190718121452.jpg

 

 

その後数日トビウオは居るが当りのない日が続いた。そんなある日の夜僕は竿を出す場所を変えた。そこで魚を掛けたら絶対走らせられない場所。午後8時頃から釣りを開始し、しばらくこれといって何もなく日付を跨ぐがどうかのタイミングで堤防の角付近でド派手な捕食音がなり響いた。僕は大型のGTである事を直ぐに理解した。直ぐにシンペンをキャストしジャークし誘うとゴンとミスバイト。そしてもう一度食いそこね足元で巨大な夜光虫の光が僕のルアーに襲い掛かった。すると体ごと引き込まれそうになるのを堪える。絶対に行かせない。一進一退の攻防が続いた。そして僕は後ろに吹き飛んだ。ラインが切れてしまった。本当に悔しかった。僕はPE10号を使った事を悔やんだ。12号にしとけば取れたかもしれない。悔やんでも遅い。次への糧になった。なんで切られたのか、どうすれば良かったかを考える。このトライ&エラーがこの釣りの醍醐味だ。

 

 

 

 

使用タックル 

ロッド ショアマニアテクニカルゲームロッド11Ⅿプラッキング 

 

リール ソルティガ7000H DF 又はソルティガZ5000 

 

スプール ソルティガDF 又は 6000GTスプール  

 

ラジエーションドラグノブ 

 

メインライン PE8~12号 

 

スペーサーPE15~20号 

 

リーダーナイロン80号1ヒロ 

 

ルアー  

ショアマニア ダイビングペンシルbig、bigポッパー,

       スリムポッパー、シンキングペンシル 

           サイズ   170~230ミリ 

マングローブスタジオ 

ストライクプロマグナムミノー、ベベルスイマー 

           サイズ   200ミリ  

 

 

 

堤防はこんな感じです。対岸にも堤防があります。

 

 

 

20190718122053.jpg

 

 

20190718122054.jpg

 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像