エントリー

カテゴリー「怪魚ハンター」の検索結果は以下のとおりです。

タイランド釣行記1バラマンディ編2

 

良い気分転換ができ後半戦スタート。相変わらず渋くアタリがない。でも簡単に釣れないのがメクロン川のバラ。だから釣れたら格別に嬉しいのだ。釣りしてる最中ミズオオトカゲを見かけた。昔たまに公園の大きな池にミズオオトカゲや鉄砲魚見かけたりしたので驚きはしなかったが改めてタイに来ていると感じた。 

 とうとうアタリがないまま時間だけが過ぎいよいよ最終ポイント。ガイドも竿を出し二人で沈んでいる岩周りを探っているとガイドの竿が絞りこまれた。丁寧にやり取りし上がったのはナイスサイズのバラマンディ。

 

 

20190719103439.jpg

 

 

 

 

 

20190719103305.jpg

 

 

 

 

さすがこの川を知り尽くしたガイドだ。最近魚探が欲しいと良く言っているがガイド自身が人間魚探だと思う。(笑)昔よりグレードアップしてるし(笑) 

 そしてその日の釣りは終わった。魚は釣れなかったがタイ独特のお寺や川岸に立つ高床式の家などの景色を楽しめたので楽しかった。またメクロンにリベンジしよう!

 

 

 

20190719103440.jpg

 

タイランド釣行記1バラマンディ編1

 

メクロン川天然バラマンディ 

 

 今日も朝暗い内から出発をした。ガイドと話しをしながら1時間半程でメクロン川に到着した。川岸にいつものボートが泊まっており船頭が待っていてくれた。船頭は僕の事を覚えており久しぶり、元気にしてたか?と僕に尋ね僕は笑顔で元気だと答えた。 

 僕らはボートに乗り込み川に出た。僕はボートに乗り流れ行く景色を見ながらメクロン川のバラ釣りの事やタイで過ごした思い出を思い出していた。そして最初のポイントに到着した。この川の釣りは岩などの障害物の上ギリギリをルアーをトゥイッチさせて誘う難しい釣りだ。当時僕は地形が分からず根掛かりばかりしており船頭にヒン(タイ語で岩)はどこかとよく尋ねていた。今日もちょくちょく根掛かりしながらうまい事ルアーを救出していた。朝はじめに入ったポイントは流れがありそこに無数の岩が絡むポイント。僕はボトムギリギリを探っていた。   

 1時間程たちそろそろ場所移動しようかと考えていると突然僕の竿が絞りこまれた。体勢を立て直しファイト開始。えら洗いさせないようロッドを寝かしつつテンションが抜けないよう気を付けながら慎重に寄せる。魚が浮かび上がりガイドがネットを準備した瞬間テンションが抜けた。本当に悔しかった。  

 気を取り直し色々なポイントを回ってみるもこれといって反応がなく陸っぱりも気分転換にやってみるもアタリがない

20190719103304.jpg 

 

 

20190719103723.jpg

 僕らは川岸のローカルレストランに行き安くて美味いガパオを食べた。そしてメクロン駅を見に行った。ここはタイミングが合えば線路内にある屋台が電車が来る前に慌てて撤収する風景を見ることが出来る面白い駅だ。 

 

20190719103622.jpg

 

 

 

20190719103621.jpg

 

 

20190719103442.jpg

 

 

 

20190719103441.jpg

 

 

 

 

タイランド釣行記チャドー(トーマン)編2

タイ 天然チャドー

 

 

またしばらくしていかにもというようなポイントの前に来た。僕は集中してバズベイトをキャストした。草の上にバズベイトを置きルアーが泳ぎ出した瞬間水面がさく裂した。ロッドに衝撃が伝わりファイト開始。ストラクチャーに逃げ込もうと必死の抵抗を見せるチャドーをなんとか抑え込み船べり付近まで寄せた。そこから何度も激しい突込みをかわし浮かせることが出来た。そしてネットでランディング。12ポンドの綺麗なチャドーだった。

 

 

20190718143608.jpg

 

20190718143609.jpg

 

 

 

 

 

 

それからしばらくバズベイトをキャストするもチャドーのチェイスはあるもバイトまで持ちこめない。ルアーをスピナーベイトに替え、草の上に乗せ落ちたらゆっくり目のリトリーブで誘うとゴンとバイト。やり取りをしながら小さ目のチャドーだと思っていると上げてみてびっくり。なんとチャドーではなく特大プラチョン。これはこれで嬉しい。初めて見るサイズだった。

 

20190718143743.jpg

 

 

 その後チャドーのチェイスやミスバイトがあるもヒットまでは持ちこめずお昼を迎えた。近所のレストランで食事をすませ釣り再開。ペラ付きのフロッグをブッシュの奥に投げ込んだり色々ルアーを試すも中々バイトまで持ち込めずおまけに風が強まり池の片側はボートがコントロール出来ないため使えない。厳しい状況だ。そんな中ペラ付きのフロッグに魚が出た。大きくはなさそう。寄せてみるとこれもまた特大プラチョン。チャドーとは違い地味だが綺麗な模様だ。

 

 

20190718143741.jpg

 

 

20190718143742.jpg

 

 

20190718143504.jpg

 

 

 

 

 

 

 

そして初日は魚からの反応なく終わった。楽しく充実した初日だった。サイズアップ目指してまた来ようと心の中で誓った。 

 

タイランド釣行記チャドー(トーマン)編1

タイ 天然チャドー

 

 

 数年ぶりにタイに帰ってきた。初めてタイに来たのは僕が20歳くらいの時だったと思う。当時は初めての海外で一人旅。右も左も分からないまま色々な人々に助けられながら過ごした4か月間は一生忘れられない僕の思い出だ。あの頃の僕はチャドーを追いかけていた。そしてお金の無くなった僕は偶然とあるツアー会社に拾われた。そしてそこのツアー会社の社長とガイドにチャドーとバラ釣りを叩き込まれた。バイトをさせてもらいながら色々な所に釣りに連れって行ってもらった。貴重な体験を本当にありがとうございます。そして僕は夢である釣りツアー業をスタートさせガイドと再会した。

 

20190718143503.jpg

 

 初日は天然チャドーを狙いに行った。朝早く辺りはまだ暗いが道中昔話で盛り上がった。車のドライバーもいつもの方で僕のことを覚えていた。そこは数年前の洪水で出来た野池でそこの池だけ水深が15メートル程ありそこにかなりの数の魚が入った場所だ。釣れるチャドーのサイズはアベレージ5キロと大きく最大サイズは9キロまで出ているモンスターポンド。さらにこの土地には持ち主がいて釣りをするには少し高めの入域料を払わなければならず場が荒れずに残っている。 

 

20190718143506.jpg

 

 

20190718143708.jpg

 

 いよいよ僕らを乗せたバンは池の前に到着した。僕は少し緊張しながらも期待し池の前で朝を迎えた。久しぶりのチャドー釣り。ベイトタックルを持つのも数年ぶり。ちゃんと投げれるか不安だった。しかもガイドに借りたリールのハンドルはいつもと反対の右ハンドル。いよいよ船に乗りキャスト開始。今回はキャスティングの釣り。 

まず投げるのはバズベイト。僕は岸際にバズベイトをキャストした。カラカラとした音が懐かしい。ロングキャストして草の上に乗せ落ちたら早引き。この基本が頭で分かっていてもキャストの精度が安定しない。 

 少し慣れてきた。いかにも出そうというようなポイントの前に来た。そして僕のバズベイトが大きなブッシュと岸際の草の間の奥の奥に綺麗に入った。バズベイトの後ろが波立ち水面がさく裂した。ロッドに衝撃が伝わる。そしてストラクチャーから引きはがしにかかる。激しく抵抗するチャドー。船べりまできても最後まで力強い突込みをみせドラグを引き出す。僕は親指を当てながらドラグを補助した。何度か激しい突込みを交わし水面に浮かび上がったのは綺麗なチャドーだった。ガイドにお礼を言い記念撮影をしそっとチャドーを池に返した。サイズは11ポンドのナイスサイズだ。この豪快なバイトとファイトがたまらない。 

 

 

20190718143610.jpg

 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像