エントリー

パラオ釣行記アンガウル島ロックショアGT編3

パラオ アンガウル島ロックショアGT

 

 

一瞬足場を変えることが頭をよぎるもそっちの足場へはスリットがありいけない。メインラインが擦れる寸前。僕はとっさにベールを開けた。するとヤツは瀬際から少し離れた。僕は全力で寄せにかかる。頼む。浮いてくれ。魚は足元まできた。2度程突っ込んだがとうとう浮いた。ランディング場所は近くには無さそうだ。僕はGTを引っ張りながらランディング出来そうな所を探す。ランディング出来そうな所を見つけて身を乗り出しながらルアーを手で掴んで磯に引き上げた。そこには黒々としたGTが横たわっていた。20キロは普通に超えてる感じ。タイドプールにGTを入れ嬉しさが込み上げてきた。タイドプールの中で蘇生をこころみるも泳ぎ切らない。すまない。僕はキープすることをお母さんに電話した。すると直ぐにお母さんと島民の方が駆けつけてくれた。 

20190712234631.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190712132536.jpg

 

 

 

 

 

 

 いったん家に帰り休憩し昼食を取り2時前から自転車で磯に向かった。久しぶりの自転車でしんどいと思いながら内心心躍っていた。さすがに来ても他の魚だろうと思った。磯に着くと潮位が低く魚気はない。4時くらいまでルアーを替えながら投げるも反応がない。 

 何気なくポッパーをステイさせると何かがすっ飛んできた。寄せてみるとヒラアジ系でもなさそう。足元まで来るとアオチチビキ。これは良いお土産だと思ってるとスッとテンションが抜けてフックオフ。気を取り直して投げ続けるが魚からの反応は無い。 

上げが動き出し日暮れ前をむかえた。僕は残り数投と決めポッパーを投げた。すると水面が炸裂した。僕は構え直しファーストランに備えた。ドラグは出ない。最初に釣った魚と同じくらいだと思った。僕は一気にショートポンピングで寄せると銀色の平たい魚体が浮いた。そしてランディング。最初に釣ったGTより少し大きなGTだった。タイドプールに入れ写真を撮らせてもらいリリース。元気よく出でくれてありがとう。

 

 

20190712234710.jpg

 

 

 

 

20190712234743.jpg

 

 

 

 

僕は夕日を見ながら自転車を漕いだ。 

 

 

20190712234204.jpg

 

 

 

 

使用タックル 

ロッド ショアマニアテクニカルゲームロッド11Ⅿプラッキング 

 

リール ソルティガ7000H DF  

    ソルティ6000GTスプール 

 

メインライン PE8~10 

 

スペーサーPE15~20号 

 

リーダーナイロン80号4ヒロ 

 

ルアー  

ショアマニア ダイビングペンシルbig、bigポッパー,スリムポッパー 

           サイズ   170~230ミリ 

マングローブスタジオ ストライクプロマグナムミノー、ベベルスイマー 

           サイズ   200ミリ  

 

 

ページ移動

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像